トップページ | 外国人技能実習制度とは? »

2018年12月 9日 (日)

理事長あいさつ

当組合は、組合員の相互扶助の精神に基づき、企業の健全な発展に協力寄与することを目的とし、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的に1972年10月5日に発足しました歴史のある協同組合でございます。

さて、我が国の経済は、近年景気回復基調が続いていますが、地方とりわけ中小企業においては、昨今の人材不足の影響もあり、経営的には予断を許さない状況であります。このような現状を奪回するには組合員同士が団結と相互扶助の精神に基づき、共同事業などを実施し、成果をあげていくことは、中小企業にとって重要なことであると考えます。つきましては、今後組合が健全かつ順調に運営され、発展するよう尽力する所存でございますので、組合員各位を含め皆様には一層のご指導、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


組合の目的
当組合は、経営基盤の強化を図るため主に、
(1)貯木場の管理
(2)合板及び木材の共同購買
(3)外国人技能実習生の特定監理事業
(インドネシア人技能実習生に特化した監理団体)

その他、コストの低減、情報交換の推進を図り、組合の目的の可能性を見出すものであり、企業の発展は他企業との協同によって達成できると考えます。

7e078ffc8e2b4d2f9acb6d037d155c58
理事長 三反田 隆洋

阪神港木材協同組合
〒660-0858
兵庫県尼崎市築地2丁目12番18号
☎︎06-6488-2951
📩hanshinkomokuzai.kk@gmail.com

🌏MAP・アクセス


👍Facebook


69efc7b1cfa94dc7ae4f75a7e49edb5b

外国人技能実習機構許可番号
許 1808000109


トップページ | 外国人技能実習制度とは? »

September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30